※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
【2024最新】ダイエットサプリのおすすめ5選!効果や選び方まで解説【2024最新】ダイエットサプリのおすすめ5選!効果や選び方まで解説

ドンクのカロリーは高いがやせられる?ダイエット向きな理由とは

ドンクは、長い歴史を持つ老舗のパン屋さんです。
フランスパンをはじめ、ハード系のパンが人気で、多くのファンがいます。

フランスパンなどは、一般的にカットをしてさらに食材やジャムなどを乗せて食べるのが一般的です。
そのためどうしても高カロリーになってしまいがちのため、ダイエット中は食べないようにしている人も少なくありません。
しかし、ドンクはダイエット中でも食べることができる、高カロリーながらもやせる食品です。
その理由がわかれば、これまでダイエット中だからとドンクのパンを食べずに我慢していた人にとって、
非常にうれしいことなのではないでしょうか?
今回は、そんなドンクのパンを食べてもやせられる理由やダイエット向きである理由についてお話しします。

■ドンクのパンのカロリーはやっぱり高いのか?

donk-pande
ドンクといえば、

やはりフランスパンなどのハード系のパンではないでしょうか?

フランスパンのなかでも、

もっとも一般的なバゲットの場合、

1本250gで718kcal

となっています。

丸型でボール上の「ブール」というパンも、

1個当たりのカロリーが718kcal

と同じく高カロリーです。

パン・ド・カンパーニュというハード系のパンは、

1個 約316g当り852kcal

とさらにカロリーが高くなります。

他にも、惣菜パン屋菓子パン、クロワッサンなどがありますが、

どれもカロリーが高めとなっています。

■ドンクのパンを食べてもやせられる?

しかし、これだけ高カロリーなドンクのパンではありますが、

食べ方次第ではやせることもできるのです。

方法は非常にシンプルです。

ドンクのパンを食べる際は、

できるだけお腹に溜まるようなものを選んで食べることがポイントです。

この場合、カロリーはあまりに期しなくてOKです。

ハード系のパンを何かと合わせて食べる場合は、

脂質の高いお肉のようなものを乗せて食べるとよいでしょう。

食べる時間は食事として食べても、間食として食べても構いません。

この方法で食べると、ドンクの高カロリーなパンでも痩せることができるのです。

■ドンクのパンがダイエット向きである理由は?

まず、高カロリーなパンは食べることで満腹感が得られやすいというのが、ひとつのポイントです。

ドンクのように高カロリーのパンは、

腹持ちが良くなるため、お腹がすきにくくなります。

食事としてしっかりと食べれば、間食を防ぐことができますし、

間食として食べた場合には、次の食事の際の食事量を減らすことにつながります。

このように高カロリーであることをうまく利用して、

トータルの摂取カロリーが制限できるため、ドンクのパンはダイエット向きだといえるのです。

■ドンクのパンを食べる場合の注意点は?

ドンクのパンは高カロリーですが、やせられる食材です。

しかし、フランスパンのようなパンは、1本を適量にカットして食べるのが一般的です。

この場合、あまりカロリーを気にして少量にするような食べ方をするのはおすすめできません。

結局すぐにお腹が空いてしまうため、つい他の間食などにつながってしまうからです。

せっかく食べるのであれば、カロリーを気にせず腹持ちが良くなるような食べ方をしましょう。

■まとめ

donk-pan
ドンクのパンは基本的に

高カロリーなハード系のパンが多いのが特徴です。

トッピングなどをして食べる方が多いかと思いますので、

食べる際は高脂質で食べごたえがあり、

腹持ちの良いものと合わせて食べることが

ポイントとなります。

高カロリーでもお腹に溜まれば、

間食も防げて食事の量をセーブすることも可能です。

また、ハード系のパンは食感がかたく咀嚼の回数が多くなるため、

満腹感を得られるのもポイントになります。

間食として食べる際には、よりかための物を選ぶのもよいでしょう。

ダイエット中でも、

食べ方さえ知っていれば高カロリーなドンクのパンでも遠慮せずに食べる事ができます。

我慢をして余計なストレスをかけるよりは、

思いっきりドンクのパンを楽しんで健康的にダイエットをする方が、

リバウンドも避けられる効率の良いダイエット法だといえるでしょう。

 

当サイトでは、ダイエットにおすすめの厳選サプリメントも紹介しています!

ぜひ参考にしてみてください!

↓こちらもオススメ↓

【ダイエットにおすすめの厳選サプリメント特集】

人気記事

カテゴリー

検索