※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
【2024最新】ダイエットサプリのおすすめ5選!効果や選び方まで解説【2024最新】ダイエットサプリのおすすめ5選!効果や選び方まで解説

【ファミマの惣菜パン】高カロリーのメニューは?太りにくい食べ方を解説

小腹が空いたときや、おやつの時間など、ついつい手を伸ばしてしまうのがコンビニの惣菜パン。

気軽に食べられるのが嬉しいですが、実は意外とカロリーを含んでいるんです。

日常的にパクパクと食べていたら、とんでもないカロリーを摂取していたなんてことも…!

今回は、そんなコンビニ惣菜パンの中から、国内店舗数第2位の大手コンビニ、ファミリーマートの惣菜パンについてカロリーを調査しました。

魅力的な商品が多いファミマの惣菜パンを食べるときに、覚えておきたいことや太りにくい食べ方もご紹介しています。

「普段食べているパンのカロリーが気になる…」という方はぜひ最後までご覧ください!

ファミマの惣菜パンのカロリーは?

ファミリーマートの主な惣菜パンのカロリーはこちらです。

ホットドッグ 257kcal
テリヤキチキンたまごコッペ 250kcal
石窯パリジャンサンド(ハム&チーズ) 255kcal
たんぱく質が摂れる!サラダチキンロール 281kcal

ホットドッグはたった257kcalと低カロリーながら、ジューシーで満足感たっぷり。リーズナブルながら、バランスの良い栄養がうれしいですね。

テリヤキチキンたまごコッペも、250kcalとヘルシーながら、風味豊かで飽きのこない味わい。特に、たまごとチキンの相性は抜群で、良質なたんぱく質を手軽に摂取できるのが魅力です。

石窯パリジャンサンド(ハム&チーズ)は、255kcalとほどよいカロリーで、石窯で焼き上げたパンの香りが食欲をそそります。ハムとチーズの組み合わせは贅沢で、栄養バランスもしっかり考えられているんです。

たんぱく質が摂れる!サラダチキンロールは、281kcalとやや高めのカロリーですが、その分たんぱく質もしっかりと摂取できます。サラダ感覚で食べられるので、ヘルシー志向の方に意外とおすすめです。

惣菜パンの太りにくい食べ方とは?

カロリーの摂取をコントロールするために、具体的なメニューとしては、野菜や低脂肪の具材を使用したサンドイッチがおすすめです。満腹感を得ながらも過剰なカロリー摂取を抑えることができます。

栄養面の注意点を考えてみましょう。オメガ-3脂肪酸を含む魚介類や、ビタミン・ミネラル豊富な野菜を積極的に取り入れることで、バランスの取れた栄養摂取ができるようになります。バランスの取れた栄養を取ることで、美容や健康を促すのに加え、食べることでの満足感も得られるのが嬉しいポイントですね。

美味しさを損なわずにダイエットに効果的な順序で食べることも大切です。食事の始めに野菜や低カロリーな具材を摂ることで、胃に溜まりつつあるカロリーを抑えることができ、それによって全体のカロリーコントロールができるようになります。

メニューの工夫、栄養バランス、そして食べる順番が、惣菜パンを太りにくく美味しく楽しむためのカギになります。これらを実践することで、カロリーを気にしないで満足感を得ながら、健康をキープすることができるのです。

ファミマだけじゃない!他のコンビニの惣菜パンもアリ!

コンビニでカロリーを気にせず美味しく小腹を満たす方法をご紹介します。まず、ファミリーマートの低カロリーメニューをご覧ください。ホットドッグやテリヤキチキンたまごコッペなど、おいしさを損なわずにカロリーを抑えた選択が可能です。たとえば、たんぱく質豊富なサラダチキンロールは、栄養補給に最適です。

次にセブンイレブン。粗挽きポークソーセージやつぶつぶコーンマヨネーズなど、カロリーを気にしながらも美味しさを追求する方におすすめです。ジューシー鶏メンチカツサンドは、低カロリーながら満足感たっぷり。トマトのソースピザパンもカロリー控えめで、美味しさを堪能できます。

ローソンも見逃せません。あらびきソーセージやあらびきポークフランクロールなど、低カロリーでありながら栄養バランスが整ったメニューが揃っています。特に、こんがりチーズのベーコンマヨネーズは、美味しさと栄養を両立させた逸品です。

ここで紹介した低カロリーメニューは、食事制限中の方やヘルシー志向の方におすすめ。また、コンビニならではの手軽さと美味しさを堪能しながら、バランスの取れた栄養を摂取できるのが魅力です。今回おすすめしたこれらの商品は、カロリー、栄養、美味しさの3要素を満たした選択肢です。コンビニでの食事も、健康的なライフスタイルを意識して選ぶことが大切です。

まとめ

今回はファミリーマートの惣菜パンのカロリーを調査し、低カロリーで満足感のあるメニューを紹介しました。太りにくい食べ方として、野菜や低脂肪具材を使用したサンドイッチがおすすめです。栄養バランスや食べる順番に気を付けることで、ダイエットにも効果的に働きます。ファミリーマート以外のコンビニでも低カロリーメニューが豊富で、健康的な食事を選ぶことが大切です。コンビニでの食事も、栄養バランスや味を考えて、楽しみながら選んでみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気記事

カテゴリー

検索